2013年03月19日

「 カメラ発明記念日 」に読む『 小 暮 写 眞 館 』 by 宮部 みゆき


こんにちは、今日も来て下さってありがとう。


3月19日は「カメラ発明記念日」になります。

なので、迷わずにこの作品を・・・・・



はい 、今日の読書は 『 小 暮 写 眞 館 』 です。


著者: 宮部 みゆき    講談社




美しい本です。

センスが良いとかスタイリッシュとかじゃなくて・・・


優しく春風を感じさせるような装丁( 写 真 )

季節的には3月の終わり〜4月上旬 菜の花畑に満開の 桜の木

2両編成のローカル電車、途中下車して歩きたいようなひなびた駅



そう、私たち読者は日常生活からほんの少し離れて、宮部みゆきの

物語世界に途中下車しましょうよ。



そうして、この物語を読み終えた時には、美しい 表紙 写真の持つ意味

私たち読者には はっきりと分かってきますから・・・・・



さて、この物語の主人公は花菱英一くん、呼び名は 「花ちゃん」 高校一年生。

両親と弟の四人家族・・・いや、もう一人妹がいたのですが

四歳の時に病死、亡くなった今でも 「ふうちゃん」 と呼ばれています。

出来の良い弟は 「ピカ」。 まだ小学生です。


この弟のキャラクタ、どこかで会ったような と思っていたら思い出しました。

宮部氏の時代小説 『 ぼんくら 』 シリーズに登場する弓之助クンに

よく似ているのですよ。

ただ、あれ程の美形ではなさそうですが w

(読んでいなかったらゴメンネ)



これと言って問題も無さそうな平凡な家族・・・に見えますね、

家族仲も良さそうだし。

そう、始めの内はそう思って読んでいけばいいの。 始めの内はね。



さて、一家が念願のマイホームとして購入、移り住んだのが古い商店街の中の、

これまた古い「 小 暮 写 眞 館 」


物好きな?お父さんの趣味で なぜか看板も掛けたままで 住みはじめたものの、

暮らして行く内に 不思議なことが起こり始めて・・・・

おまけに心霊写真のようなもの?まで持ち込まれるようになって

しまいますが・・・おいおい、どうする?




この物語は、発刊当初「宮部みゆきの 普 通 の 現 代 小 説

(つまり 殺人事件等は起こらない)」というのが謳い文句になっていた記憶があります。

いや、宮部氏の作品ですから、単なる「 普通の小説 」であるはずが

ないのですが w



作品のスタイルとしては四話形式の長編小説になっています。

かなりボリュームがあるので(700P以上!)

一話ずつ読むのもよし、適当な所で 区切りを入れて のんびり読むのも良し・・・


四 つ の 物 語 を 積 み 重 ね て いっ て 最 終 章 (話)で 大 団 円 を 迎 え ま す。



だから、始めの内は少々退屈かもしれないし、大きな事件が起こらないので、

ページを繰る手がとまらない・徹夜してでも最後まで早く読んでしまいたい!と

思わせるミステリではありません。



花ちゃんの学校生活や親友の 「テンコ」 との関わりなど日常生活を 軸として

ゆるやかにお話は進みます。

ストーリーと直接関係のない枝葉の部分---桜ちゃんの級友との関わりなど----

が結構多いのですが・・・


しかし、宮部氏がそういった部分をリラックスして・楽しんで書いた

であろうことは察せられます。



そして、始めの内はさほど 重要とは思われない・脇 役のヘンなヤツと思われていた

登場人物も 後々意味を 持ってくるのですから。



そう、この物語の主人公は花ちゃん(とその家族)ですが

実はもう一人( 隠れた )主人公がいるのよ。


あっ、それから、実体はないのだけれど 小暮写眞館の元の 御主人・

小暮 泰治郎氏 も一応は登場人物にしておきましょうか。

もう既に故人ですけどW



「 生きてる者には、ときどき、死者が必要になることがあるんだ 」

(一部抜粋・小暮写眞館を 斡旋してくれた不動産屋の社長の言葉です)



さて、第一話からのトピックスになる「心霊写真」の意味が知りたくて 奔走する花ちゃん。


心 霊 写 真 ?


いや、そんなおどろおどろしい物ではなく、人の想いが 目に見える形となって

写っているだけなので・・・

つまり、写っているのは 死者ではなく 生者の 想いなのだから・・・


( いや、それでも充分コワイかw しかしこの物語はオカルト小説ではありません )



問題は、その想いとは何かということ。



一話・二話と不思議な写真は続き、さまざまな想いの形を 私たちは知ることになります。



そして第三話に登場するのは どう見てもトリック写真なんですが・・・



この三話がスタートするのは 物語全体の中ほどからですが


この辺りから登場人物の数も増え、物語にドライブがかかってきます。


そうして、第四話ではそれまで 語 ら れ な か っ た こ と ・伏 せ ら れ て い た 事

表に出て 一気にクローズアップされ 明確な焦点を結びます。


家族の中で 小さな棘のように 皆の心に刺さっていた 妹の死の 事情やいきさつ・・・

家族みんなの心に影を落としていた事などが解決されていきます。



そして・・・・・



私たちは もう一人の主人公のことも知ることになります。



私たちが、ひととき宮部氏の小説世界に途中下車したように、

ひょっとしたら、その人物も・・・・・



「 あるとき、ある場所で 」と社長は続けた。

「 ある人に、自分にとってとても大切なことを知ってもらいたいと思う 」


(中略)

「 どうしても知ってもらいたいと思う。

けどね、それを知ってもらったら、もうそれまでのような距離ではいられない、

ということがあるんだよ 」



だから、最後には 姿を消す、いや再び 電車に 乗って旅立つのかな。


その人物にとっては新しい 再生の旅になるような・・・


けれど“ 駅 ”は置いてけぼりになるんだよね。



「 鉄道はありとあらゆるものを乗せることができる 」けれど


「 鉄道が唯一、乗せることのできないもの。それは駅だ。」



残された駅はちょっと寂しいかな?  それとも?




そうして、花ちゃんが大学生になったとき、配達された 一通の手紙。




私は、この物語を 読み終えたあと、もう一度ゆっくりと 美しい表紙を 見直しました。



もし、あなたがこの物語を未読であるならば


多分同じことをすると思いますよ、きっと・・・・・




つい最近知ったのですが、この作品はNHKのBSプレミアムで

ドラマ化されるそうですね。

3月31日(日)スタート予定 毎週日曜日 午後9:00〜 

2回目以降〜最終回 午後10:00〜


花菱 英一こと花ちゃんに 神木 隆之介

そして もう一人の主人公を演じるのは 成海 璃子・・・


脚本次第でどう変わるか分からないけど このお話に興味をもつ人

が増えるのは悪くは無いと思う。


うちにはテレビが無いので見られないけど、あなたのお家はどうかしら?



さてと・・・今日はこれでおしまい。


また明日ね。


posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。