2013年03月22日

「 夫婦の日 」に読む 『 ハ ピ ネ ス 』  by 桐 野 夏 生


3月22日は「夫婦の日」です。

というか、毎月22日が語呂合わせで「夫婦の日」

ちなみに、11月の22日は(よくメディアで報じられるように)

「 いい夫婦の日 」になります。


ここでは夫婦・結婚生活だけではなく、結婚に至るまでの物語も

含めても良いかな?と思ってはいます。



さて、今日は “ 結婚生活 ”を描いた作品で 一番最近読んだものを・・・・



はい 今日の読書は 『 ハピネス 』 by 桐野 夏生  光文社



桐野夏生氏については あなたも御存知の人気作家ですから

特に説明する必要もないでしょうね。


『 OUT 』は衝撃的でしたし、その後の『 グロテスク 』や

映画化された『 東京島 』についてもよく御存知だと思います。


個人的には 林芙美子を題材にした『ナニカアル…』もなかなか

良かったとは思いましたが・・・

ただ、これは私が林芙美子のファンなので。

( 特に始めの方では )林芙美子の文体を 意識して真似たのが よく分かったし。

但し、“ お扶美さん ”そのものの魅力に迫るほどではなかったかな?


“ 女探偵ミロ ”のようなハードボイルド系をまた書いてほしいなあ。




さて、本編の主人公・岩見有沙は30代前半の既婚女性です。

3歳になる娘・花奈と一緒に 東京・湾岸地区のタワーマンション

29階に住んでいます。


最近は同じタワマンに住むママ友も出来て、5人グループで仲良く

交流する毎日。


みんな同じような年頃の女の子のママたちなのね。


リーダー格の“いぶママ”は、夫は一流出版社勤務で 御本人も

元CAの才色兼備を絵に描いたようなステキな女性。

他のママたち真恋ママ・芽玖ママも夫が一流企業にお勤めの恵まれた専業主婦です。


この3人のママ達が住んでいるのは、同じタワマンでもより高級な ベイウエスト棟

有沙が住んでいるのはイースト棟のやや格落ちの方になります。

そして、分譲ではなく賃貸し・・・


もう一人、タワマン住まいではなく 駅近くの普通のマンション住まいの美雨ママ。

江東区の土屋アンナ w と呼ばれるほど華やかな美人でカッコいい女性。

キャラクタも他のママ達と違って率直な 下町育ちの女性です。


さてさて、こうした同世代の女性・5人グループ・・・

あなたも御想像の通り、仲良くしていてもそこには

「 格 差 」 と 「 順 列 」 が自然に生まれます。(イヤラシイ表現だね・・)


有沙も必要以上に見栄を張ってしまうようになります。


実家や婚家のこと そしてアメリカに単身赴任中の夫のことも・・・・


いったん「 センスの悪い家 」とか、「 手抜き 主婦 」「 ダメママ 」の

烙印を押されたら、引っ越しでもしない限り、その烙印が消える

ことはない。


(一部抜粋)


そんなわけで、お互いの家を訪ねる事は決してなく会うのはいつも

タワマンの外やラウンジなどで・・・


これ、私も驚いたのですが 今時はそんなものなのかしら?

私の友人で、ママ友同士の人間関係に疲れたことのある女性は

ママ友はママ友  親友ではない  とよく言っていましたけれど。



さて、お話が進行する内に読者にはさまざまなことが分かってきます。

ママ友には決して言えない 有 沙 自 身 の 過 去 のこと・・・・・

その過去が引き起こした 現在の 夫とのぎくしゃくした 関係



5人グループですから、自然と 境遇が似たもの同士が仲良くなっていくのですが

有沙は段々と 美 雨 ママ と特に親しくなり、外で二人だけで会って

お酒を呑んだりする関係になっていきます。


そして、美雨ママが いぶママの夫と不倫関係にある事を告白されて・・・



この辺から物語に面白さが加速して行きます。



有沙の夫からは、もう1年以上連絡も無く 有沙の電話やメールにも全く返事もありません。

連絡が欲しいと 執拗に 留守電に吹き込んだり メールをする有沙



どうやら夫は離婚したがっているようで・・・・



夫に愛人でも出来たのか?と思ったのですが違うようです。

もちろん有沙は 現在の生活を 手放したくはありません


憧れのタワーマンションに住んで可愛い子どもに恵まれた

幸福な 専業主婦 という地位を・・・


この価値観が良いのか悪いのか 私には分かりませんが 

少なくとも有沙にとっては 実家がある新潟県に封印してきた

過 去 を 打 ち 消 す ほ ど の 価 値 あるものですから。


だからこそ、今の生活を守りたい。積極的に変化を求めるよりは・・


「 そう、失 敗 体 験って、人を 臆 病 にするんだよ 」

(一部抜粋)



交際期間も短いままに “できちゃった結婚”をした有沙には

夫には結婚前には言いそびれた事がありました。



それは 有沙には 過去結婚していた事があり、男の子も出産 していたこと



おいおい、結婚歴なんかは結婚するとき に戸籍謄本 見れば分かるでしょうが・・・

と思わずツッコミを入れてしまいましたが w

ただ、本籍地を変更するなどして戸籍をクリア というか

リセットする方法は有るかもしれませんが?



本作ではその点は明らかにはされていません。

また、そこを曖昧にしたままでないと そもそもこの物語は成立しませんから ww



夫の両親も有沙には申し訳が無いと言いながらも 

いつまでも経済的援助するのは苦しいし 有沙に働くか 

もしくは人生をやり直す方が・・・などとほのめかしてきます。


ちなみに、この夫の両親達は 良識のあるよく出来た人たちで

この手の物語にはありがちな 息子可愛さのあまり全て悪いのは嫁!

と責める人たちではありません。 ちょっと 出来すぎ のような?



さてさて・・・この物語が ど う 終 わ る と思います?



離婚して すべて一から再スタートを切るか、とも思いました。

涙をふいて スカーレット・オハラのように 「 明日 考えよう 」 と・・・



結論から言っちゃいますが、まあハッピーエンドなのでしょうね。



桐野夏生の作品には思えない程の 優しい優しい終わり方でした。

まあ、収まるべき所に収まったというか 私的には意外でしたが w

予定調和の終わり方かもしれないけれど 救いはあります。



この作品は 女性誌「VERY」に連載されたものですが

対象が有沙と同世代の 若いママが多いせいか 救 い の あ る 結 末

なったのでしょうか。


桐野夏生作品ではなく 唯川恵が書いたみたいな作品という印象を

受けたのは私だけかしら?


単行本にあたり、「新たに、衝撃的な結末へ大幅加筆!」と帯に

書いてありましたが


いやいやいや、衝撃的というよりは ちょっとした オ チ でしょう w

そう、見栄をはっていたのは 有沙だけでは無かった、という ww



話は変わりますが、ママ友との軋轢・・・ということで

実は思い出したのが 新堂冬樹の 『 砂 漠 の 薔 薇 』

こちらもママ友グループの格差・お受験を巡っての 微妙な関係

そして迎えた悲劇的な結末を描いたものでした。



そう、本来の桐野氏ならば 同じ結末(ハッピーエンド)であっても

もっと 心 を 抉 る よ う に 描写して終わらせるだろうに・・・

とも感じてしまいましたが。


あなたなら どう思うかしらね・・・・・


さて、今日はこれでおしまい。 (アップが遅れちゃった・・・)

また明日ね。





posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。