2013年03月31日

「そばの日」に読む『 蕎 麦 と き し め ん 』 by  清 水 義 範


こんにちは、今日も来て下さってありがとう。


3月31日は「そばの日」です。

蕎 麦・・・となると真っ先に思い浮かんだのが、やはりコレかなあ。


はい 今日の読書は 『 蕎 麦 と き し め ん 』 です。

著者: 清水 義範    講談社   講談社文庫



『 蕎麦ときしめ ん』は 初出が1984年で 単行本化されたのが1986年。

かれこれ27〜28年前なんですね。


清水氏の名を知らしめたのはこの作品ですが、デビュー作はもう少し前の1977年。

『エスパー少年抹殺作戦』・・・・・??


うーん、多分あなたも御存じないと・・・思うよ・・。

タイトルからも察せられるように、ジュヴィナイル物だけど

私も全く知りませんでした ww



初めて氏の作品を読んだのは『 黄金の空隙−-高野山秘宝伝説 』という 伝 奇 S F

書店のPOPに “ 半 村 良 の 弟 子 ” とあったのを見て 家族が買ってきました。

私も家族も半村 良(1933〜2002)の大ファンなので、大いに期待して読んだものの、


二人とも感想は・・・まあ云わぬが花、かな www

一度読めばそれで充分、その内に古本屋にでも持っていくかと思い、そのまま忘れていました。

半村良の 劣化版 いや 下手くそな いやいや 余り面白くなかった

つまり そのォ 興味が感じられなかったので ・・・


えー、とにかく まあ、そういう位置づけの作家さんだったのですよ。

半村良のエッセイには「 名古屋の清水君 」として時々は登場していたのですが。


清水氏は 子ども時代からのSF好きで、半村良を師と仰ぐだけあって、SF志向があったそうですが

敢えて言えば、この方はSFを書くには向いていないような??? ( 気がする )


真面目な方だそうですが、SFに必要なセンス・オブ・ワンダーが

決定的に いや、少々欠けているような・・・?




で、ブレイクした『 蕎麦ときしめん 』です。 出版されたのは1986年。



丁度そのころ 私は名古屋に住んでいました。

どの書店でも 多面積みにしてPOPを付けて もォ大変!


タモリがTVなどで、名古屋の事を面白おかしく誇張して笑いを取っていたので

書籍の企画としてはタイムリーなものだったのでしょう。

“ 名古屋本 ”のさきがけとなった作品でもあります。



さて、『 蕎麦ときしめん 』を紹介する時には よく

パスティーシュ 小 説 ”と呼ばれていますが・・・



“ パスティーシュ 小説 ”ですって?



元来、こんな言葉はありませんでした・・・無かった様な気がする・・

パスティーシュ pastiche は 美術用語で 元来の意味は “ 模 造 品


もしくは“ 模 倣 作 品 ” ・・・余り良いイメージはないような?

連想していくと、物まね・偽物・・のようなイメージがありますから。

( 他に、寄せ集め とか ごたまぜ 等の意味があります )



この言葉を“ 小説 ”につけたら むしろマイナスのイメージになるのでは・・・・

しかし、清水氏の場合には そうなりませんでした。


むしろ、創作上の新しい技法と 認識されて、誉め言葉として機能したかな。

これまでに無かった ちょっと 風変わりで 面白い作風・・という意味で。


しかも、この“ パスティーシュ小説 ”というコピーは、

清水氏の作品を 載せた小説誌が( 確信的に )つけたもの。


清水氏自身が


これだよ、これ、と思った。模倣という言葉がいい。

私が書きたかったのは、模倣という作業によって、もとのものとは 別種の、

次元の異なる面白さが出てくるような、そういう小説だったのだ。


( 中略 )

そんなわけで、パスティーシュというラベルをつけてもらって、

初めて私は自分のやりたいことをはっきり認識できたのだった。


『 蕎麦ときしめん 』あとがき より  

( 一部抜粋 )



『 蕎麦ときしめん 』は東京から転勤して 名古屋で働いている会社員が書いた

名 古 屋 人 論 ( ややこしいね )という設定で書かれた小説。


一見、名古屋論のように見えますが、やはり小説でしょうね。

内容云々よりも、着想に卓抜さがあります。


かなり誇張されていますが、

清水氏が名古屋人であるからこそ 書けた作品ではないでしょうか。



巻末に収録されているのが『 き し め ん の 逆 襲 』

『 蕎麦ときしめん 』の 後日談の体裁を取っていますが、最後に絶妙なオチがあります。

でも、このオチは・・・半村良の短編 『 夢の底から来た男 』のオチにそっくり www


( 師匠・半村良へのオマージュとも考えられますが )


ちなみに、登場する名古屋人の姓名ですが、すべて名古屋の地名になっています w

( 本山・栄・池下・植田・伏見など )



この短編集に収録された他の作品については・・・


『 序 文 』

序文、とありますが この短編集の序文ではなく あくまでも『 序 文 』という

タイトルの短編小説です。

学術論文の 序文体裁をとって 奇想天外な発想をする学者とオチが 絶妙でした。


その他、司馬遼太郎と阿佐田哲也の 文 体 模 写 をした作品などもあり

内容は 清水氏ならではで、改めて読み直しても興味深い。



この短編集と同じテイストの 『 国 語 入 試 問 題 必 勝 法 』 も、

出版当時は 書店の学習参考書のコーナーに置かれてしまった ww のですが、

今でも読み継がれているようで嬉しいな。



さて、今回読み直して気が付いた事を少々。



『 蕎麦ときしめん 』の中で、“ 名古屋(の位置づけ)は 世界の中の 日本のようだ ”と

語られていますが

作家としての 清水氏の 位置づけも 極めて“ 名 古 屋 ”っ ぽ い のでは?


清水氏は 名古屋で生まれ育った方ですが、 作 家 と し て の “ 在 り 方 ”

非常に“ 名古屋 ”っぽいと感じさせられました。


これは誉め言葉です。

( 名古屋市には 丁度10年住んでいましたが 住みやすく

人間関係にも恵まれて 居心地の良い街という印象があります )



毎度の事ですが 異論・反論は認めますから ww



清水義範氏の作品は“ 名古屋 ”の位置づけを具現化しているような気がするのです。


どういうことかと言えば・・・・・メジャーになるのは困難であるというか・・・


しかし、それで良いのではないかとも思うのです。

すべての都市が ”東京 ”になっては・・・おかしいのでは?



すべての作家が 村上春樹のようにノーベル賞の候補に 挙げられるわけではないよね?


清水氏は 直木賞は3回とも取り逃がしたし 文壇の大きな賞には縁が無かったけれども・・・


でもでもでも・・・2009年には 中日新聞の中日文化賞を受賞したんだから!

そして 名 古 屋 市 の 輝 く名 誉 市 民 でもあります。


清水義範氏よ、もって 瞑すべし! 


VIVA名古屋!   味噌カツは美味!  ひつまぶし万歳!( えっ? )



さてさて、今日はこれでおしまい。


また、明日ね。





posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。