2013年04月12日

「 パンの日 」に読む 『 パン屋再襲撃 』  by 村上 春樹


こんにちは、また来て下さってありがとう。


4月12日は、「パンの日」になります。


パンが 作品中に登場する小説は多いけれども・・・やはり選びたいのは


はい 今日の読書は 『 パン屋再襲撃 』 著者: 村上 春樹

文藝春秋   文春文庫



村上春樹氏です。説明不要の村上春樹氏の 短編集です。


きっとあなたも何作かはお読みだろうし、熱烈なファンであるかもしれません。



最初に正直にお伝えいたしますが、私は村上氏の熱心なファンとはいえないと思うの。

全作品を読了していない中途半端な読者かもしれません。


で、奇妙なことに、私の周囲には 熱烈なファンか、さもなくば全く読まない

( 或いは読みかけて止めてしまい、以降一切読まない人 ) の2種類に

はっきりと分かれているんですよ。



神の如く崇める熱烈なファンか、好まず全く無関心か・・・両極端なの。

これ程までに評価されている作家なのに、周囲の反応が真っ二つというのは

なぜか、村上氏だけなのですよ。


しかし、私は・・・実は結構好きだったりします ww



あまり言う人はいないから、敢えて言っちゃうけど、村上氏の文章には

読者に対する「 媚 」 が 無 い ところが気に入っているのかも?

特に 初期の短編はその傾向が 顕著に表れていると思うな。



作家としてのイマジネーションを駆使して 創り上げた世界に入るためには、

読み手も イマジネーションを駆使して読んでいかなくちゃね。



はいはい、ファンの方の異論は認めますとも!



で、表題作ですが、実は私が 初めて読んだ村上作品がこの『 パン屋〜 』なんですよ。



コミカルなのか 哲学的なのか 判断はつかなかったけれど、単純に

結構面白いな、と思いました。


最初の襲撃は( 学生時代に友人と一緒に襲った作品は読んでいないけど )
 

団塊の世代である 村上氏自身が通り抜けた 政治の季節の 暗喩ではないかと

私は認識しています。(別にそんな事も考える必要もないのだけれど)




今回の再襲撃は、そのときにかけられた“ 呪い”が発動した結果じゃないの?

「 特殊な飢餓 」「 圧倒的な 空腹感 」という形になって、ね。



( この「 特殊な飢餓 」の映像化シーンは美しい。

洋上に浮かぶボートから見下ろす海底火山・・・透明すぎるほどの水・・)



だからこそ、もう一度襲う必要があった。それも「 妻 」という 他者の力を借りて



襲ったのが マクドナルドというのが 何とも 今日的な気がするけど

でも大丈夫、アメリカ資本のマックならば、ワーグナーは縁が無いから ww



かくして襲撃は成功! 心ゆくまで ビッグマックをお腹に詰め込んだ

「 僕 」は 多分もう二度と あの海底火山を見る事もないでしょうね



ラストの数行のイメージが美しくて、この終わり方は上手いと思う。



初めて この作品を読んだときには、村上氏の名前が無かったら、

海 外 の 翻 訳 作 品 かと思ったかも?


そう、村上氏の文体は、それまでの日本の作家と違って、英語っぽいんだよね。

だからといって、決して悪文ではない。むしろ綺麗ともいえる。


読みやすいし、風がそよそよと頬をなでていくような・川の水がサラサラと

流れていくような・・・そんな心地よさがあるかなあ。



ただ、そのイマジネーションが、他の作家とはかなり違うので、

この点が、好き嫌いがハッキリ分かれる点ではないかと思うな。



氏が、海外でも評価されているのは、作品そのものの良さにプラスして

翻訳がしやすい、翻訳しても氏の世界が変質しないという点にあるのでは?

と思うんだけど?少なくとも、理由のひとつには なっていると思う。



ところで、この『パン屋〜』は、2010年に “ The Second Bakery Attack ”

という名で、メキシコ&アメリカで映画化されています。


約10分ほどのショート・ムービーですが、その一部だけどアップされて

いましたので興味のある方はどうぞ。(2分37秒)

字幕はないけど、セリフはほぼ原作通り。 ややコミカルに演出されているかな?



それでは、今日はこの辺で・・・・・

またね。


posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。