2013年04月16日

「 チャップリン 誕生の日 」に読む( 観る ) 『 独 裁 者 』 by チャップリン


こんにちは、いつも来て下さってありがとう。


4月16日は「チャップリン誕生の日」になります。


“ 世紀の喜劇王 ”、またロイドやキートンと共に“ 世界の三大喜劇王 ”

などと称えられていますが、チャップリンの場合は一切の 肩書き無しで

“ チャップリン ”だけで 通用する存在 ではないかと思えるくらい・・・



彼の自伝や 関連した本でも良かったけれど、やはり映画でなければ・・・ね。

私は活字中毒者ではあるけれども、映像で訴えかけるものを 読み取る意味でも

今日は特別に本ではなくチャップリンの 映 画 を・・・・・



モ ダ ン タ イ ム ズ 』や『 黄 金 狂 時 代 』も『 街 の 灯 』も素晴らしいけれど

最高傑作は・・・もうコレ!だよね?



はい 今日は( 敢えて読む、ではなく ) 『 独 裁 者 』 by チャップリン



チャールズ・チャップリン( 1889〜1977 )英国の俳優・映画監督・コメディアンで

脚本家であり 映画プロデューサーであり 且つまた 作曲家でもあるという

マルチな才能を備えた 稀に見る人物。


なぜか、自ら演じたヒットラーと 同年 同月生まれなんですが・・・



両親ともミュージックホールの歌手、いや、敢えて敬意をこめて寄席芸人と呼びたい!

チャップリン自身の初舞台?は母親ハンナの代役で5歳のとき。


その後、父は死亡、母は精神に異常を来たして施設に収容され 孤児院や救貧院で育ちます。

あらゆる職業に就きながらミュージックホールで パ ン ト マ イ ム 劇で人気者に。

14歳の時にはもう地方巡業に出ていました。その後は名門劇団に所属、



21歳でアメリカ巡業へ。24歳2回目のアメリカ巡業で映画プロデューサに

高く評価され、以降はアメリカが活動の場になり、チャップリンの映画人生は

この時からスタートしたといえるでしょう




自身のトレードマークとなる「 山 高 帽ス テ ッ キ 、だぶだぶズボンに

ド タ 靴チ ョ ビ ひ げ を生やしてペンギン歩き」のお馴染みチャップリンを

確立させてからは人気者に・・・

chaplin-20dai.gif

← おお!まさに “ 憂愁の美青年 ” ではありませんか!

これがチャップリンの 素顔なんだよね・・・

喜劇ではなくシリアスな恋愛物でも通用する容姿だと

思うのですが、仮に 二枚目路線を歩んだとしても

単純な二枚目役には

納まらなかったと思いますが ww

   ( 写真引用元:22 words  Charlie Chaplin out of character )





そうして、初期のコミカルなドタバタ劇から、段々 ヒ ュ ー マ ン な 作 家 性

を打ち出すようになります。以降の活躍についてはまた改めてお話する

機会もあるでしょうね。



さて、『 独裁者 』(1940年)ですが・・・・・チャップリン初の ト ー キ ー

ユダヤ人の床屋と 独裁者・ヒンケルとの 一 人 二 役 を演じています。


ヨーロッパで 第二次世界大戦の火の手が上がった翌年の作品で、この頃は

まだアメリカにとっては戦争は対岸の出来事・・・。


ナチスも白人至上主義・アンチ共産主義を取っていた事から、支持する

人も米国内では多かったのですよ。

( しかも、当時のハリウッドではユダヤ人に関する事はタブーでした! )



そんな時代状況の中で、あからさまにヒットラーと分かる人物をモデル

にして( それも思い切りギャグ化して! )自分の言葉で批判する事がで

きたのはチャップリンだけ・・・


あと出しジャンケンのように、終戦後にヒトラーを告発する映画を撮った

のではなく、1940年 ナ チ ス の 力 が 圧 倒 的 に 強 い 時 期 に 、敢えてこの作品を

発表したのは、当時ヨーロッパに台頭していたファシズムへの危機感が

あったからでしょうか?




さて、物語は1918年の世界大戦(第一次)・塹壕戦からスタートします。

こういう戦闘シーン(いや、一応シビアな場面のはずなんですが)でさえ

思わず笑えてしまうのがすごい・・・


主人公はトメニア軍に属するユダヤ人の床屋です。空軍将校のシュルツを

助けて逃げ帰るものの、飛行機が燃料切れで墜落して記憶喪失に・・・



ここまでに、現代のギャグやお笑いのエッセンスが全て入っている事に

改めて驚かされます。

元祖お笑いの 教科書的な存在だったのでしょうね。



さて、床屋が記憶喪失で入院している間に、トメニアでは政変が起き

ヒンケルが独裁者として君臨、自由と民主主義を徹底して否定して

ユダヤ人を迫害します。


ヒンケルの演説が、英語を無理やりドイツ語っぽくした でたらめドイツ語なのですが

今でも充分におかしく、笑えるのには我ながら驚きました。

280px-Dictator_charlie.dokusaisha1.jpg


その後、床屋は記憶喪失の状態のまま病院を抜け出して、古巣のユダヤ人街に

戻ってきたものの・・・・・



この映画の圧巻は、偶然独裁者のヒンケルと顔が似ていたために、また

シュルツと一緒にいたことから間違われて 独裁者と入れ替わってしまった

床屋のチャーリーの ラ ス ト の 演 説 部分でしょう。

広場に集まった大群衆と軍隊を前にして、ヒューマニズムの極致ともいえる演説をして

物語はラストを迎えます。



申し訳ないが、私は皇帝などなりたくない。それは私のやりたいことではない。

誰に対しても支配や征服などしたくない。ただ、できれば皆を助けたいのだ。

ユダヤ人にしろ、キリスト教徒にしろ、黒人にしろ、白人にしろ、皆を。


(一部抜粋)


富を生み出すはずの機械が、私たちをどんどん貧乏にしてきた。

知識は私たちを皮肉屋にした。知恵は私たちを非情で冷酷にした。

私たちは考えてばかりで、感じることが出来なくなってしまった。

機械が増えれば増えるほど、私たちには人類愛がより必要なのだ。

知識が増えれば増えるほど、優しさや思いやりが必要なのだ。

そうでなければ、人生は暴力で満ち、すべてを失ってしまう。


(一部抜粋)


チャップリンのこの映画は、興行的には大ヒットしたのですが、

彼の理念に反するように 世界はさらなる戦争の渦に巻き込まれ、

悲劇を拡大させて行きました・・・。


現代は・・・現代は・・・チャップリンが希求したような世界に

近づいているのかしら? それとも・・・・・?


最後に・・・・・


yayat283氏が、チャップリンの演説に合わせて作成した美しい動画がありました

(3分34秒)興味のある方はどうぞ・・・

充分に 現代にも( いや、現代こそ!だね・・)通用する言葉だと分かりますから。

・・・このスピーチが、あなたの心にもきっと届くと思います。



さてと・・・今日はこれでお終い。

またね。
posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 海外の小説・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。