2013年04月21日

「 富くじが 幕府公認 になった日 」に読む 『 く じ 』 by シャーリー・ジャクソン



こんにちは、今日も来て下さってありがとう。


今日は少し長いけど「 富くじが 幕府公認になった日 」です。

なので、“ く じ 引 き ”をテーマにした作品を、ね。


くじ引きといえば、誰しも思うのは「 宝くじ 」だよね。当る当らないは

別にして、 みんな夢を抱いて買っているんだと思うよ。


毎月は 買わないけれど、年に一度だけとか、あなたも買われた事があるかも?

今日、お話する作品は・・・“ くじ ”がテーマにはなっているけれど・・・



はい 今日の 読書は 『 く じ 』  by シャーリー・ジャクソン


  発売日:2013年2月

  サイズ:文庫

  出版社:文藝春秋

 “ 厭 な ”物語を集めた短編集

  この中に収録されています。




『くじ』が表題作になった本は、早川書房から 深町真理子氏訳で

出版されていますが、今は入手しにくいかもしれません。

幸い今年発売になった文庫で 丁度良いのがありました。コレです↑

他に、クリスティや P・ハイスミス等も収録されています。



著者はシャーリィ・ジャクソン( 1916〜1965 )アメリカの作家です。

日本では決してメジャーとは言えないけれど、アンソロジーに よく収録されているので

根強いファンは多いかも?


この作品は1948年、アメリカの有名雑誌「ザ・ニューヨーカー」に発表

された短編小説です。




で、掲載された後に・・・抗議の手紙が 数百通も 殺到したそうなんですよ。



いわく、悪趣味である・もう「ザ・ニューヨーカー」は買わない

いわく、作家は 謝罪せよ・この話の結末は妻にひどい衝撃を与えた

いわく、自分たちは高等教育を受け、教養ある階層の一員であると考えていたが

(こういう作品は)文学の真実性への信頼を失わせるものである 等々。



うーむ・・・・・1925年に創刊されて、アメリカで最も洗練された

文芸誌&総合誌という評価を持つ「ザ・ニューヨーカー」の読者層には

受けなかったようですね。むしろ嫌悪感を持たれたかもしれません。


ただ、現代では、彼女の名を冠した「シャーリー・ジャクソン賞」というのが

有るそうですから、文学的な評価は高い作家とされています。



また、もし現代であれば、これ程拒絶反応も無かったでしょう。

むしろ今では古典的名作の一つであると認識されていますから・・・


『くじ』が発表当時に 嫌悪感を持たれた理由は、エッチで下品等といった

理由ではありません。 勿論、暴力的な描写が多いわけでもありません。



実は、これって・・・・・今で言う イ ヤ ミ ス なんだよね。



「イヤミス」・・・最近使われだして定着してしまった 用語だけれど

定義すると、後味が悪い・イヤな気分になるミステリーの 総称かな?


但し! 作品としての魅力がなければダメ。 単なる悪趣味な駄作は問題外で

優れた面白い小説でなければいけない、というお約束があると思うの。

作品としてはよく出来ていて 傑 作 だけれど、後 味 が 悪 す ぎ る ・・・



湊かなえ氏の『 告 白 』が登場してから言われだしたような記憶があるのですが?

いや、『 告白 』がそうネーミングされたんだっけなぁ・・・



あと、『 殺 人 鬼 フ ジ コ の 衝 動 』に代表される 真梨幸子氏もかなあ。

また、沼田まほかる氏の作品群も。

ミステリではないけれども、映画&漫画の『ヘルタースケルター』も近いと思う。



まあ、そういった系統の作品なんですよ。

その意味では、元 祖 ・ イ ヤ ミ ス かもしれません。



舞台となっているのは(多分アメリカの)人口300人程の小さな村です。

天候に恵まれた6月のある朝・・・何かイベントが行われるようです。

それは住民すべてが参加の「くじ引き」・・・。



大きな村なら 2日がかりになるけれど、この小さな村なら2時間も

あれば済んでしまいます。


村の人々は、朝の10時ごろから広場に集まってきます。

夏休みの子どもたち、おとなの男性住民、女性住民・・・

このくじ引きを運営するのは、サマーズ氏です。

村の世話役のような立場なのかな? 黒 い 木 箱 を持って登場。


初代の箱は 入植当時の物だというし、どうやらこのくじ引きは 伝統的な

ものらしくて、一 種 の 儀 式 のようです。



箱の中には 紙片が入っています。サマーズ氏が手を入れてかき混ぜます。

中に入っている紙片は、前の晩にサマーズ氏とグレイグス氏が作成して

厳重に金庫の中に仕舞われています。



くじの開始前には“ 儀 式 ”ともいえる約束事があり、村の全家族の世帯主

及びその 家族の名前が次々に読み上げられます。


御主人がどうしても、くじ引きに参加できない事情があるときには 妻が代わりに

親が参加できないときには息子が、というように、どの世帯も必ずくじを

引くことが義務付けられているようです。



そうして、一族の長から 順番に呼ばれてくじを引きます。結果はすぐに

見てはいけない決まりになっています。 


その間、ひそひそと私語も始まりますが「どこそこの村では、くじを止めようという

話が持ち上がっているらしい」と言った人は白い目で見られます。


全員が引きおわてから一斉に 紙片が開かれるのですが・・・一人の男性が

当りました。 次はその 家族の中で改めてくじ引きをするのですが・・・




しかし・・・これは 何 の く じ 引 き で し ょ う か ?



誰か 一人を 選ぶ為にくじ引きをしているようですが。

さあ、何だと思いますか?



未読であっても、カンの良い方ならもう気付いているかもしれませんが

もし、あなたが 何か嫌な事、不穏な状況を 想像しているのならば、

それは当り
だと思いますよ。



何しろ、これは「イヤミス」ですから ww



初めて読んだときには、衝撃よりも「ああ、こういう小説もあるのか」と

思った記憶があります。「 奇妙な味 」でも「 ブラックユーモア 」でもない。


悪い夢を見た時のような 後味の悪さ・・・不条理ではあるけれど、

他人事だから無責任に面白いというか・・・ただ、どうしてこんな事を

するのか?という 解説は一切ありません



くじ引きの習慣は、この村だけでは無さそうで 住民みんなが当然のものとして

受け入れている世界・・・だからこそ不気味な想像力をかきたてられるの



『 くじ 』 は、アメリカでは 非常に有名な作品で、例えばO・ヘンリーの

『 賢者の贈り物 』並の 扱いといえばお分かり頂けると思います。



著者のシャーリー・ジャクソンは「 何の為にこんな物語を書くのか? 」

「 こんな儀式を行う村を知っているのか? 」という質問に対しては一貫して

私 は た だ 物 語 を 書 い た だ け 」とサラリと答えているとか・・・・・


英文学者で 翻訳家の若島正氏は、シャーリー・ジャクソンの作品群を

こう評しています。



>ジャクスンのおもしろさはその「 ただの物語 」の危うさにある。

>日常と非日常、平凡と非凡の紙一重のはざまで、彼女の作品はきわどく

>宙吊りになっている。


( 引用元:『 乱視読者の英米短編講座 』 )



ああ、この「宙吊りに」なった感覚というのは分かるような・・・

何とも不安定で、足 が 地 に 着 か な い 浮 遊 感 を味わう作品なんですよ。


私たちのごく普通の 平凡な日常の中で、読 書 に よ っ て 与 え ら れ る 非 日 常 感

たっぷりと 味わえる作品といえるのでしょうね。



さて、今日はこの辺で終わろうかしら。 でも・・・もしも、もしも


あなたがイヤミスを 毛嫌いする人でなければ、下記の作品も かなり

悪夢感たっぷりでした↓ 後味の悪さでは、この作品の方がキタかなあ・・・




 『 ずっとお城で 暮らしてる 』

  創元推理文庫

  シャーリー・ジャクソン 市田泉訳




それでは、またね・・・ところで、宝くじが全然当らないのも運が良いのかもね?



posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 海外の小説・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。