2013年04月26日

「 風呂の日 」に読む 『 小 説 乃 湯 』  by 有栖川 有栖


こんにちは、また来て下さってありがとう。


毎月の26日は「風呂の日」になります。


読書とお風呂・・・う〜ん、相性が良いのか悪いのか ww



えーとですね、白状しちゃいますが・・・ 活 字 中 毒 者 的にはですね、

お風呂、入浴しながらの 読書というのは、また格別な 喜びがありまして・・



ほどよい湯加減の、ややぬるめのお湯につかりながら肩の凝らない気楽な

読書というのは気が遠くなる程の快感であるわけです。



ラベンダーの香りのする入浴剤なんか入れたりもすると、もう最高。

もちろん、そう長い時間ではなく 短編小説一編くらいが丁度良いかな?



季節的には冬が一番ですね。 今の季節ならば、半身浴もしたりします。

真夏はチョット合わないんだけど、スポーツドリンクをお供にして・・・


もちろん、本は紙で出来ていますから濡らさないように細心の注意を払い

浴槽の半分を蓋で覆い、その蓋の上に濡れないように工夫して、本を

専 用 ス タ ン ド に立てかけて・・・( ← あるんだよ、マジで ww )



但し! 但し!! 利用するのはあくまでも 自 分 の 本 ですよ。

図書館や友人・知人から借りた本は 絶対にお風呂では読みません

幾らなんでも、他人様の本を そう扱ったらマズイでしょうよ、人として ww



さて、そんなお風呂と 読書の関係ですが、なんとなんと作品中にお風呂が

登場するアンソロジーが出版されましたあ〜〜!


はい、今日の 読書は 『 小 説 乃 湯 』  by 有栖川 有栖


    小説乃湯 お風呂小説アンソロジー

    著者&編集:有栖川有栖

    版元:角川書店

    サイズ:文庫361ページ



上の画像には付いていませんが、実際には 帯が巻かれていて そこに書かれているのが

「お風呂のお供におひとつどうぞ」本書の効能:ストレス・疲労回復、心の滋養効果

なかなか、しゃれていますね。


このアンソロジーを編んだのは 有栖川 有栖氏(1959〜 )。

本格ミステリの旗手として1988年『 月 光 ゲ ー ム 』でデビュー、本格物の

ミステリジャンルでは、確固たる地位を築いている 実績のある人物です。

週刊文春の年間ミステリベスト10や「このミス」では名前の挙がる常連作家。

 
個人的には、「 火村英生シリーズ 」が 一番気に入っているのですが・・・



さて、有栖川氏は このアンソロジー企画の事をこう語っています。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

読書とお風呂。かけ離れたもののようでいて、この二つには親和性があり

そうです。ある時、「 そういえば── 」と思い当たりました。私は、小説に

お風呂が出てくるシーンが好きなのでした。 (中略)

本当にまとめて一冊の本にしたらどうか? お風呂小説アンソロジー。

(中略) 面白いではないか。

★━━━━━━━━━━━━【 一部抜粋 】━━━━━━━━━━━━━★


このアンソロジーは、時代順( 発表年度 順 )に全部で12編収録されています。

以下、思うままに、少々・・・



浮 世 風 呂 】 式亭三馬(1776〜1822)

御存知、江戸時代後期(文化・文政期)のお風呂小説です。銭湯での江戸庶民の

生態がリアルに描かれていているのですが、書名だけは知っていても、

実際に読んだのは 実は今回が初めて。この作品を(都市部の)庶民たちが

読んで楽しめた、という事は・・・いかに当時の 識 字 率 ・つまりは教育レベルが

高かったかという証明になるよね。

ああ、そうか・・。 だから明治維新も成功したんだろうね ( ← えっ? )



柳 湯 の 事 件 】 谷崎潤一郎(1886〜1965)

文豪・谷崎潤一郎の初期作品です。『 刺青 』・『 痴人の愛 』・『 細雪 』等の作品と異なる

江戸川乱歩を思わせるような 探偵小説ですが、芸術至上主義を謳う作家の作品と

いうよりも、谷崎自身が結構楽しんで書いたのでは?と思うんですが ww



泥 濘 】 梶井基次郎(1901〜1932)

3月27日にも取り上げた梶井基次郎の小品です。

何事も思うようにならない 作者自身が主人公。やりきれない雰囲気を味わう作品ですが

・・・お風呂が出て来ないよ、と思ったら・・・?



電 気 風 呂 の 怪 死 事 件 】 海野十三(1897〜1949)

日本SFの先駆者と呼ばれた海野十三。 逓信省の電気試験所の技師として

勤務しながら小説を書いていました。この作品は、1928年乱歩主宰の「新青年」

に発表したデビュー作です。

ミステリとして今読むと、いろいろとツッコミどころは多いけれども

「電気風呂」(今でも銭湯にあります)が昭和3年の時点で実用化されてい

たのはチョット驚き・・・。



玄 関 風 呂 】 尾崎一雄(1899〜1983)

1937年、あっけらかんと明るい奥様をモデルにした『 暢気眼鏡 』で芥川賞を

受賞した私小説作家。私小説というと暗いイメージがあるのだけれど・・・

お風呂場もないのに 風呂桶だけ買ってどうするのよ? と みんなでツッコミ

をいれましょう! 特にユーモア小説を書こうと意識してはいないのに、

ありのままを 書いたらユーモア小説になる 稀有の作家 ww



美 少 女 】 太宰治(1909〜1948)

御存知 太宰の作品ですが、これは初読でした。自身の新婚時代をモデルにした

私小説風の作品。湯治先で出会った 少女の肢体が素晴らしいのですが、

この少女、結局最後まで口をききません。 ところで、太宰治は何を書いても

太宰治・・・というのが改めてよく分かりますね。




エ ロ チ ッ ク 街 道 】 筒井康隆(1934〜 )

お〜っ! 筒井御大の作品が! と一人で喜んでしまいましたわ。

不思議な不思議な 夢を文章化したら、こんな感じになるのでは?と思わせる作品。

なにしろ、温泉そのものが 交通手段になるんですから ww




あ あ 世 は 夢 か サ ウ ナ の 汗 か 】 辻真先(1932〜 )

まるで怪談のような不可能犯罪・・ビルの屋上庭園で発見された 墜落死体、

周囲には他に高いビルも無いのに、どうして? しかも、その死体の主?に

後年、サウナでばったり出くわすとは・・・「 安楽椅子探偵 」ものです。

名探偵は 70歳過ぎの老人で、なぜか出没するのは常にサウナですって?




秘 湯 中 の 秘 湯 】 清水義範(1947〜 )

「 そばの日 」で紹介した清水氏の“ 秘 湯 ”をテーマにしたパスティーシュ作品です。

骨壺温泉・風呂湯温泉・迷子谷温泉・死急温泉・湯気蒸温泉・空中温泉・

極道温泉・泥沼化温泉・恥曝温泉・湯雨温泉・オユ湯温泉などがございますが www

さて、どの温泉がお気に入りですか (爆




水 に 眠 る 】 北村薫(1949〜 )

残酷な殺人事件を余り扱わずに、それでいて良質なミステリがお得意な

北村氏の短編小説。水やお湯の「 薄皮を剥ぐ 」という発想は初めて!

幻想小説風な好短編でした。 今度お風呂で試してみようかな???




花 も 嵐 も 春 の う ち 】 長野まゆみ(1959〜 )

男性同士が 人目を忍んで逢瀬を楽しむ宿「 左近 」・・・。

16歳になる息子の 桜蔵は家業を手伝っていますが、なぜか妖かしのものを

引き寄せてしまうタチでして・・・桜の花びらが天窓から降り注ぐお風呂

・・・異世界の住人だって入ってみたいよね?




旅 を あ き ら め た 友 と、そ の 母 へ の 手 紙 】 原田マハ(1962〜 )

30代半ば・独身女性の 温泉一人旅で泊まったホテルの様子が素敵でした。

原田氏の作品は初めてでしたが、描写に絵画的な美しさ があるのね。

この作品が収録されている 短編集『さいはての彼女』読んでみようかな・・



・・・・・以上12編、ミステリだけではなく、バラエティ豊かな 本邦初の

お風呂小説アンソロジーでした。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

本書を読んでも筋肉痛、神経痛やリュウマチその他は改善しませんが、

ストレスや疲労の回復の効能があり、心に滋養豊かです。

小説浴でリラックス&リフレッシュして、明日への活力を───

★━━━━━━━━━━━━【 一部抜粋 】━━━━━━━━━━━━★

あはは・・・確かに。活字中毒者は 日 々 是 読 書 浴 の日を送っておりますわ ww

あなたも、そうではないのかしら?

さてと・・・今日はこれでおしまい。

またね。




posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。