2013年05月21日

『 星の王子さま 』( by サン・テクジュベリ ) を 「 翼の日 」に読む


こんにちは、今日も来て下さってありがとう。 5月21日は「翼の日」です。

1927年、大西洋を横断したリンドグレーンが 無事にパリに到着した日。

それでは 同じように翼に乗って旅立ち そのまま 永遠に帰って来なかった彼の為に・・・・・


はい 今日の読書は 『 星 の 王 子 さ ま 』 ( by サン・テクジュベリ )


    星の王子さま

    著者:サン=テクジュベリ/河野万里子訳

    出版社:新潮社

    サイズ:文庫 158ページ  


注:上記は新潮文庫ですが 他に中央公論新社・中公文庫・岩波書店・集英社・みすず書房・

講談社他、多数出版されています。 私が所持しているのは岩波書店のもので 翻訳は

内藤濯のものですが、最近では集英社文庫の 池 澤 夏 樹 氏 の 翻 訳 が評判が良いようです。


著者はサン・テクジュベリ、本名はアントワーヌ・マリー・ジャン=バティスト・

ロジェ・ド・サン=テグジュペリ(1900〜1944)リヨン生まれの貴族出身のフランス人作家であり

航空操縦士。名前が余りにも長すぎるので、ここでは皆に親しまれているニックネームの

サ ン テ ッ ク ス ”と呼びましょうね。

ちなみに、サン=テクジュベリは 彼のになります。



子ども時代のサンテックスはかなりの腕白少年。机の前に座ってじっとしているのが

苦手で、学校の成績は余りよくなかったみたい。特に算数が苦手だったようで、

その為、希望していた海軍の学校にはとうとう受からず。


その後は 短期間美術学校に通いましたが・・・絵の才能の方は、残念ながら

認められませんでした。  
 
 

兵役についたのは 20歳のときです。 航空隊に配属され 操縦士の資格を取り 22歳で除隊。

その後、幾つか職業についてもパッとせず、気がついたらフィアンセにも

逃げられていました。


運命が変わったのは ラテコエール社の飛行士に応募して採用されてから

サンテックの仕事はアフリカや南米への航空郵便飛行士、その後、仕事の経験を

生かして書いた『 南 方 郵 便 機 』『 夜 間 飛 行 』 『 人 間 の 土 地 』で作家デビュー。


けれども、それで暮らし向きが良くなったわけではありません。 遅筆だし 相変わらず

人間関係は不器用だし・・・

また、アフリカのリビア砂漠に墜落する事故や、アメリカ大陸横断飛行の離陸に

失敗して大怪我をしたり・・・。



当時の飛行機は 故障が多かったので、数機で変態を組んで飛びのが慣例でした。

ただ幾つかの中継基地は 一人で担当する決まりで サンテックスは その時に砂漠に

住む部族とかなり親しくなったようです。


こうした経験が彼に作品を書かせるエネルギーとなったのでしょう。



『 星の王子さま 』で主人公が初めて王子さまに出会うのも 砂 漠 でしたから。



そして第二次世界大戦、パリがナチスに占領されたときに辛うじて アメリカに亡命・・・


『 星の王子さま 』が書かれたのはこの 亡 命 時 代 でした。
星の王子さま公式HP2.jpg
(画像引用:星の王子さま公式HP http://www.lepetitprince.co.jp/contents.html


しかし、辛うじて亡命できても、フランス人同士の派閥争いや中傷合戦・・・

正直で世渡り下手なサンテックスは傷つき疲れ果てたのでしょう。再び戦場の北アフリカ戦線へ

亡命先で要領よく宣伝活動をしていれば、もっと楽も出来たのに・・・

この時、38歳。 飛 行 機 乗 り と し て は も う 限 界 だったのですが、

やはり使命感もあったのでしょうか?



1944年7月31日。コルシカ島から一人乗りの偵察機で飛び立ったサンテックス。

与えられた任務は 高度1万メートルから敵地を撮影すること。

それがサンテックスの最後でした。 地 中 海 上 空 で 行 方 不 明 の ま ま ・・・


その後、半世紀以上を過ぎて1982年に、複数の撃墜された飛行機の残骸が 引き揚げられ

2000年5月には、その回収物の残骸に(サンテックスの乗った)

ロッキードF-58の記帳番号と同一のものがあり、彼の乗機である事が確認されました。



・・・彼は空から海に還っていったのだと思いましょうね。



私は『星の王子さま』はサンテックスの遺書だと感じています。


ストーリーはいたってシンプル。物語は 飛 行 士 が 思 い 出 を 語 る 形 で 進 行 します。


砂漠に不時着した飛行機のパイロットが、遠い小さな星から来たという

金色の髪をした不思議な少年と出会い 彼とさまざまな話をする、それだけの物語なのですが

・・・そう、ただそれだけの。

星の王子さま公式HP.jpg

(画像引用:星の王子さま公式HPhttp://www.lepetitprince.co.jp/contents.html


「ねえ、ひつじの絵を描いてよ」と頼まれて、有り合わせの紙に 何頭かの羊の絵を

描きますが 彼の気に入らない。やけになって飛行士は、箱の絵を描いて、あんたの

欲しい羊はこの中にいると手渡したら、王子さまは「こんなのがほしかった」と大喜び・・・



そうして、王子さまはこれまでの旅を語り始めます。

王子の星で バ ラ が咲いたこと・・・初めてのバラに王子は感激して世話をしても

強気なバラは 可愛げもなく王子に感謝もしません。


このバラは・・・愛を素直に表現できなかっただけなのですが・・・


うちひしがれた王子は星々をめぐる旅に出ます。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ぼくは、どんなことになっても、花から逃げたりしちゃいけなかったんだ。

ずるそうなふるまいはしているけれども、根は、やさしいんだということを

くみとらなきゃいけなかったんだ

★━━━━━━━━━━━━━【一部抜粋 】━━━━━━━━━━━━━━━★


後になってから、王子さまは自分もバラも、自 己 を 中 心 に 置 き 過 ぎ て い た

と気づくのですが・・・そうして様々な星を旅して行く王子さま。


「王さまの星」 「うぬぼれ男の星」 「呑み助の星」 「実業屋の星」 「点灯夫の星」・・・



どの星に住んでいる人も 王子さまにはこっけいに見えました。ただ、点灯夫の星は

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ぼくが、こっけいに見えないひとといったら、あの人きりだ。それも、あの人が

じぶんのことでなく、ほかのことを考えているからだろう

★━━━━━━━━━━━━━【一部抜粋 】━━━━━━━━━━━━━━━★


そうして、「地理学者の星」で王子さまは地球の事を教えて貰います。

7つ目の星、地球で王子さまは5000本のバラが咲いている庭を見つけます。


自分があれ程までに愛したバラが、この星では何の変哲もない花に過ぎない事を

知り、ショックを受けるのですが・・・


そこに現れたのは一匹のキツネ。キツネは王子に話しかけます。そうして王子さまは、

愛 は 時 間 に よ っ て 育 ま れ る と教えられます。共に過ごした時間があるから

こそ、かえがいのない唯一の存在になることを
・・・


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に

見えないんだよ。(中略)

人間っていうものは、この大切なことを忘れてるんだよ。

★━━━━━━━━━━━━━【一部抜粋 】━━━━━━━━━━━━━━━★



星の王子さまの言葉は、そのまま サンテックスの言葉なんだよね。

あるいは、サンテックスの 心 の 声 かもしれません。

ずっとずっと 内側に封印してきた想いかもしれません。


世 界 は 心 に よ っ て 、違 う 姿 を 見 せ る ・・・月夜の砂漠が美しいのは

砂漠が どこかに井戸を隠しているから・・・



やがて、地球から去っていく王子さま。

王子さまと交わした様々な話、それはおとなたちには、誰にもそれがどんなに

大切なことか決して分からない・・・



もしも、あなたが未読であるならば、この作品は大人こそ読むべき作品であると

理解できると思います。 そして、既にお読みになっていたら、サンテックスの

『人 間 の 土 地 』 をぜひ・・・あの作品は、『星の王子さま』の大人版とも読めるも

のですから・・・


それでは、今日はこの辺で・・・またね。




マクロミルへ登録




posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 海外の小説・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。