2013年03月25日

「日本初の長編 漫画 映画が封切された日」 に読む 『 桃 太 郎 』


こんにちは、今日も来て下ってありがとう。


3月25日は「 日本初の長編漫画映画が封切された日 」です。 長いね ww


で?  読む本が『桃太郎』ですって??   何それ???


はい、その漫画映画のタイトルが・・・『 桃 太 郎 の 海 鷲 』 なので w


公開年月日は1943年(昭和18年)3月25日。

太平洋戦争下の戦意高揚映画でした。



ミッドウェー海戦で米軍に大敗したのが1942年6月ですから

そろそろ敗色が濃くなってきた時期、かな。


この後、アリューシャン列島アッツ島にて日本軍が全滅、

大本営発表で初めて“玉砕”という言葉が使われた・・・

まあ、そういう時期に作られた漫画(アニメーション)映画です



はい、今日の読書は 『 桃 太 郎 』 です。


なんだか苦しいセレクトですね。 いや、我ながらそう思いますが ww

「桃太郎」のお話については今さら説明の必要もないのですが・・


桃から生まれた桃太郎は、おばあさんから黍団子を貰い 犬・猿・雉を

従えて鬼が島に鬼退治に行きました。そして財宝を手に入れました。

めでたし、めでたし・・・


ざっくりと表現すれば こんなところでしょうかね。


ただし、「桃太郎」ストーリーがこの形に定着したのは明治時代。

童話作家の巌谷小波が「日本昔話」にまとめ、教科書にも載せられるようになってから。

意外と新しいような?



ただし、日本の伝承民話としての「桃太郎」については語り尽くせぬ程の

バージョン&バリエーションがあります。

ゆかりとされる地も岡山県を始めとして 日本各地に存在しますから。



また、民俗学的・文化人類学的考察についても数限りなくありますし、

「鬼」「桃」「犬・猿・雉」などのキーワードやアイテムについても

同じことで、とうてい今日一日分では語りつくせないのですが・・



「桃太郎」を物語に組み込んだ良質なミステリもあるのだけれど・・

いや、そもそも「鬼」とは何を意味するのか、という命題のミステリなんですが。



多分、別な日にお話しする機会も有るかもしれません・・・・



そしてまた、この「鬼退治」の意味するところも 実は興味深い。



知人の息子さんは、大学でディベート研究会に所属していますが

この「桃太郎」をテーマとしてディベートする事もあるようですよ。

すなわち、「桃太郎」と「鬼」とでは、どちらが“ 善 ”で どちらが“ 悪 ” であるか、と。



「桃太郎」側と「鬼」側に分かれてディベートするそうです。

最近では、桃太郎が侵略する側として不利だそうですが ww



ちなみに、『 桃太郎と海鷲 』はもっと単純。

素朴な昔ながらの『桃太郎』のストーリーを 1941年12月8日の

真珠湾攻撃に当てはめたもので、海軍省報道部が企画したもの。



役割としては、桃太郎が「日本」で 鬼が「米英」 分かりやすいね。



時間は37分で、映像その物は残されていないようですが

おそらくは 当時の日本のアニメーション技術としては 精一杯の

出来映えではなかったでしょうか。



その後、1945年4月15日に姉妹編として『 桃 太 郎 海 の 神 兵 』

公開されました。


制作は松竹動画研究所。こちらは技術レベルもぐっと上がり 時間は74分。



この作品が大阪の松竹座で封切りされたとき、大阪帝大付属医学専門部の

ひとりの医学生がこの作品を観て 深く深く感動しました。


単なる戦意高揚の意図で作られた作品ではなく、その演出中には

(秘められてはいても)平 和 へ の 願 い や 希 望 が あ る ことをキャッチ

できたから・・・またキャッチ出来る感性の持ち主だったから。



この医学生が誰だったのか、もう あなたは見当が付くでしょう?

そう、 手 塚 治 虫 です。



後に 手塚治虫は 自分がアニメーションを志したのは、

この作品を観てからと語っています。



この『 海の神兵 』の方は、何度かテレビでも放映されているのですが

あなたは御覧になったことがあるかなぁ・・・無いかなぁ・・・・・


私は一度だけですが、NHKの朝番組でこの作品の一部が紹介され

たときに観たことがあります・・・



ミュージカル仕立ての陽気なシーンだったので びっくりしましたよ。



アニメ技術については、私はド素人なのでよく分からないのですが

それでも、空襲下の劣悪な環境の中で創り上げたクリエイターたちの、

より良いものを創り上げたいという クリエイターたちの意地と技術

を感じ取ることはできたような気がするなぁ・・・・



今日は、取りとめもないお話でした・・・・・

では、また明日ね。







posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本の漫画・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。