2013年03月17日

「 硫黄島にて日本軍が全滅した日 」に読む『 栗 林 忠 道  硫 黄 島 からの手 紙 』


こんにちは、また来て下さってありがとう。


3月17日ですが・・・・・

少し迷ったけれども、やはりこれをトピックスにしました。


ただし、厳密に言えばこの日付は当時の “ 大本営 ” が発表した日付。

日本軍の組織的な戦闘が終結した日といってもいいか・・・


公式では17日になっているけれど、実際はこの後も戦闘が続いた事

を付け加えておきます。



さて、今日はどこからお話を始めたらいいか・・・ああ、そうだ

ねえ、あなたはこんなセリフを聞いたことないかしら?



「 敵 な が ら あ っ ぱ れ じ ゃ !」


そう、時代劇でよく使われるセリフだよね。


シチュエーションとしては 

立場的には敵であっても、その戦術や戦略の見事さ・勇敢さには

同じ戦士として賞賛を送りたい、というときに使わない?



例えば、武田信玄と上杉謙信はお互いにそう思っていたかもしれないし

神出鬼没のゲリラ戦法で徳川家康を最後まで悩ませたのが 真田幸村

結果的には負けてしまったのだけれど、家康は彼を高く評価している。

その戦いぶりは講談読み物『真田十勇士』として後世に広く伝えられたほど・・・



海外に目を向けると、第二次大戦中の北アフリカ戦線での

ドイツ軍のロンメル将軍(1891〜1944) (←ハンサムです。関係ないけど)


「砂漠のキツネ」と異名を取り、数の上では圧倒的優勢な英国軍を

たびたび壊滅させ英国軍を恐れさせた人物。


けれど、その戦術・戦略は巧みであり、また騎士道的でもあり、

英首相チャーチルをして「ナポレオン以来の戦術家である」と賞賛された人。

(ナチスに入党しなかった というのもポイントが高いと思う)



太平洋戦争下で、アメリカ軍にそう思わせた日本人といえば・・・



この人を忘れちゃいけない。 そう、栗 林 忠 道 中 将 (1891〜1945)です。



太平洋戦時下で、日米最大の激戦地と呼ばれた 硫黄島での戦いの

日本軍の 総指揮をとった人物。



はい、今日の読書は 『 栗 林 忠 道  硫 黄 島 からの手 紙 』


文藝春秋社   文春文庫      解説&年譜:半藤一利



この本は、栗林中将が戦地・硫黄島から東京&疎開先の妻子に送った

全41通の手紙が編まれています。


妻に宛てたもの・長男を始めとした子どもたちに宛てたもの、

どの手紙もみんな家族を思いやる言葉にあふれています。



たこちゃん!田舎はもう寒いでしょうから、いつもよく気をつけて

風を引かないようになさいね。

お父さんのいる所はまだあついです。蚊も蝿もブンブンしています。

では之で今日は左様ならをします。左様なら。

(中略)

11月26日  戦地のお父さんより

栗林たか子ちゃんへ


一部抜粋・次女たか子へ宛てたもの。 (但し、数字は漢数字)



昭和19年6月25日から始って 昭和20年2月3日、妻に宛てた手紙が最後でした。



そして、おそらくは3月26日夜 のアメリカ陸空軍野営地への 夜襲時に戦死・・・53歳でした。



若し私の居る島が敵に取られたとしたら、日本内地は毎日毎夜の様

に 空襲されるでしょうから、私達の 責任は 実に重大です。

それで 皆決死の 覚悟です。

十中九分九厘迄は 生還 は期せられないと思います。
(中略)

頭の中が惨烈な 戦闘、そして玉砕、そして其の後の 妻子の 身の上が

如何なって行くだろうか?と云う事許りです。


(一部抜粋)



昭和19年6月、サイパン・グァムなどマリアナ諸島はすべてアメリカ軍に制圧。

小笠原諸島が日本を守るための最前線になったとき

栗林中将が総司令官に任命されましたが

既にそのときに、もう死は覚悟していたようです。



アメリカ軍にとっても、小笠原諸島を制圧することは 重 要 な 意 味 を持っていました。

ここを基地・足がかりとすれば (補給基地としても)

日本本土への戦略爆撃がたやすく可能になるから。



当初のアメリカ側の思惑としては・・攻略はまあ5日もあればカタが

つくであろう、だったみたい。


ところが・・・・・



さて、ここであなたに 一枚 の 報 道 写 真 を思い出して欲しい。

有名な写真だから、あなたもどこかで目にしたことがあると思うの。


6人のアメリカ兵士が、岩山(擂鉢山)の上で高々と星条旗を掲げている写真です。



星条旗は風にひるがえり、まさに勝利の象徴のよう・・・


タイトルは「 硫 黄 島 の星 条 旗 」

史上最も有名な報道写真のひとつであり、1945年のピューリッツア賞を受賞した写真です。



恥ずかしながら、私はこの写真については勘違いしていました。

硫黄島の戦いが 完全に終わったあとの写真 だと思っていた のです。



米軍が攻め始めたのが2月19日で、写真が撮影されたのは 2 月 2 3 日

これで片が付いた、戦闘終了!と思った米兵は多かったでしょう。



そうじゃなかった。

これは硫黄島の戦いの ほんの 序 盤 に過ぎなかったの。



写真に写された6人の内、生きて祖国へ凱旋できたのは3人だけ。

そう、硫黄島の戦いはアメリカ軍にとっても想定外の悲劇を生んだから・・・



この小さな島での戦闘の犠牲者が、

ヨーロッパ戦線のノルマンディー上陸作戦 (いわゆる“ 史上最大の作戦 ”)

における死傷者数をはるかに上回ってしまった。


もちろん、日本軍の犠牲はもっと多かった。兵力2万人以上がほぼ全滅したから・・



戦闘の詳細は敢えて書きません。  書きませんが・・・・・




・アメリカは 攻めるのに 必死・・・何としてでも 攻め落とせ !

・日本は 守るのに 必死・・・何としてでも 守らねば!



どちらも必死の戦いが・・・どれ程の惨劇・悲劇、戦死者を生んだか・・・

あなたなら想像がつくと思います(涙)



かなり前のことですが、硫黄島の戦いを アメリカ側が 制作した 映像

(当時の記録フィルム)を見たことがあります。


完全に戦いが終結した後に撮影されたものですが・・・

死屍累々たる日本兵の死骸が最初に写されて、目を覆いたくなるような映像だけれど・・・




その後カメラは切り替わって、アメリカ兵たちが後片付け?をしている場面になるのですが


おや?と思ったのは、勝利した側・アメリカの撮影した記録映像なのに

写っているアメリカ兵たち、彼らは誰一人として嬉しそうじゃない。


勝ったんだよ、彼らは。  それなのに・・・・・


みんな消耗しきって、やりきれないような・苦しそうな表情で・・・



誰も 笑って いない。


この部分だけを見れば、まるでアメリカが負けた後みたいに見えるの。



ああ、これが 戦争 の 現実 なんだなあ・・と感じさせる映像でした。



最後に・・・・・・・



この硫黄島の戦いについて、ずっと後になってから

アメリカ軍幹部が 「 勝 者 な き 闘 い 」 と称したことを付け加えておきましょうか・・・




今日は暗い話になってしまいました・・・・イヤだった? 

ごめんなさいね。


明日は明るいお話になりますよ。 

では、またね。






posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本のエッセイ&ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

「 国 際 結 婚 の日 」に読む 『 森 瑤 子・わ が 娘 の 断 章 』


こんにちは、あなた。 また来て下ってありがとう。

3月14日は 「国際結婚の日」 になります。


だから、だから 森 瑤 子 さん のことを。


森瑤子氏が亡くなられたのは1993年7月6日。

NHKテレビのニュースでも報道され、民放のワイドショーでも

大きく取り上げられました。「超人気作家の死!」といって、ね。


華やかでおしゃれで、都会的な男女の物語を描き続けた作家だった。

今は2013年、書店にはもう森氏の本は消えているし、図書館ですら

閉架書庫に仕舞われてしまっている。

今後も余程のことが無い限りは新たな読者を獲得する事もなさそう・・・


あなたは覚えていたかしら?



はい、今日の読書は 『 森 瑤 子・わ が 娘 の 断 章 』

著者:伊藤三男   文藝春秋社  1998年



著者の伊藤三男氏は 森氏のお父さま。ちなみに大正元年生まれで

このとき80歳オーバーのお年でした。


森氏のエッセイでも 何度か言及されていましたが、若き日に小説家を志し

「サンデー毎日」の懸賞小説でも入選したことがあるとか。

しかし、志し成らず挫折、おそらくは有能なビジネスマンとして

戦前そして戦後の高度成長期を戦ってきた方です。


この本を読んだ限りでは、作家としてのセンスは感じられなかったけれど、

非常に頭の切れる方という印象を受けました。



さて、この本は、大きく分けて3つのパートに分けられるでしょう



1:森瑤子氏のバックボーン 御両親の結婚のいきさつと 森氏が英国人のB氏と結婚されるまでのこと。

2:森氏の結婚生活

3:森氏の友人たちのこと


冷静 かつ 理知的な 筆致 で綴られています。

ファンとしては読むのが辛くなる部分も多かったなぁ。


お嬢さんのマリアさんの手記 『 小さな貝殻 』 でも書かれていたので 察してはいても 

改めて父親の目から語られると なおさら辛い。


私がまず驚いたのはヴァイオリンのこと。

『 六歳の雅代にヴァイオリンを習わせたこと、プロ作家として自立

した四十代半ばの森瑤子に、時代小説『 甲比丹 』の執筆をすすめた

こと 』


・・・この2つがお父さまにとっては

『 娘への無理押しだったと反省している 』 と記しておられます。

ただ決して強制するつもりは無かったとも・・・


あなたも御存知のように、森氏は東京芸大のヴァイオリン科卒です。

並大抵のことでは入学できるところではありません。

おそらくは入学試験前後が技量的にはピークだったのでしょう。

入学後は、森氏御自身がエッセイで自嘲して語っておられるように落ちこぼれた、と。


『とてもついて行けないのよ、と娘は語った。同級生の誰も彼もが

はるかに雅代の技術レベルを超えていると言うのだ』


卒業後は一度もヴァイオリンを手にする事もなかったとか・・・・



そして、無銭旅行の途中で日本に滞在した英国人B氏との結婚・・・・・



『(略)私は 結婚の条件 を次のように言い渡した。

第一に、先方の両親の 承諾を得ること。(これはかなり難しい条件だと思った。

東洋の娘との結婚となれば、保守的でプライドの高いイギリス人にとって、

そう簡単に受け入れられないだろう。(中略)

第二に、正式の 職業を持つこと。( 風来坊と結婚させるわけには行か

ない。漠然 と夢のようなことを考えている男に、娘を嫁がせる気は

ないから、しっかりした生業について家族を 養える見込み がつくま

で、結婚は 保留する。英語の家庭教師などは、まともな職業とは認

めない ) 』


・・・・・で、結局は仕事のことなどは作り話をして 二人は結婚してしまうのですが、


お父さまはさらに


『 このほかに、日本で生活する場合は日本語に習熟するということ

を条件に加えなかったことを、後になって大いに悔いた。 』

『 それから30年たった今も、彼の日本語力はほとんど進歩していない 』



いや、別に結婚のいきさつがどうあれ、日本語が上手くなくとも

その後の娘の結婚生活が幸福であればお父さまも “結果オーライ” で、

いろいろ有ったけれど、好きな男と結婚して娘は幸福だったと素直に思えたのでしょうが・・・


理知的なお父さまですから、娘の夫であり孫の父であるB氏のことを

口汚くののしりはされないけれども、随所に、B氏に対する 怒 り

にじみ出ていました・・・


必死に自分を 抑えようとしても 隠し切れない 怒 りが、ね。



だって、結婚してから作家デビューするまでの14年間のことを

『 極端な言い方をすれば、雅代にとっての 暗黒時代であった。 』


↑こんなことを親に言わせる結婚生活って・・・・・・



森氏の作家デヴュー後は経済的に落ち着いたものの、その経済的な

ゆとりが逆に御主人をスポイルしてしまったようですね。



『 私の知る限り、Bが手に入れたほとんどの 幸運は、三浦三崎の海の

家を除いて、森瑤子の 印税収入がもたらしたものである

( その三崎の家にしても、娘の願いによって父親が 購入資金を 保証したものだ )

Bの努力で手に入れたものとしては、三崎の家に取付けた テラスと、

与論島 の芝生に造ったゴルフのグリーンぐらいだろう 』



・・・・・・・・・・・・


もちろん、森氏の親御さんの一方的な言い分かもしれませんけれど・・



それでも、森瑤子氏は御主人とは別れなかった。

別れ話は何度も出たようですが、決して別れなかった。

愛していたから?

いや、少し違うような気もするけど・・・あなたはどう思うかしらね・・・



実は森瑤子氏については、もう一度取り上げてみるつもりなの。

そう、7月6日の命日に合わせてね、もう一度だけ。


6月6日が「楽器の日」なので、その日にしても良いかも知れないけれど

森氏は『 ヴァイオリンは好きではなかった 』そうなのでパスしましょうね。



さて、今日はこれでおしまい。

また明日ね、チャオ!(← 森瑤子さんがよく使ってた別れの挨拶 )



posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本のエッセイ&ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

「東日本大震災」の日に読む 『 遺 体 ---震 災、津 波の果てに 』


こんにちは、また来て下さってありがとう。


3月11日です・・・ふたたび・みたびの3月11日です・・・

何の日か 敢えて告げる必要も無い日です・・・・・



今日の 読書は 『 遺体---震災、津波の果てに 』

著者:石井光太(1977〜)   新潮社



著者の石井光太氏は 私が今最も注目しているノンフィクション作家です。

初めは、まだ30代という若さに驚きました。

しかし、その若さがあるからこそ、この本のように体当たりの

取材が出来るのかもしれません。


2011年の 3 月 11 日


あなたは何処にいたのかしら? 震災の影響はありましたか?

そして、地震や津波の悲劇を知ったとき何を思ったでしょうか。



今は、ひとつだけ確実に言える事があるよね。

それは・・・あなたも私も いま こうして 生きているということ。


だからこそ、忘れてはいけないんだよね、この日を。



この本の舞台となっているのは 遺 体 安 置 所 です。



地震の 津波の被害にあって 命を奪われた方々の 御 遺 体 が

どのように発見されて 運びこまれて  いかにして 安 置され

弔われていったかを 石井氏の 冷静・冷徹な澄んだ目で見つめた

ルポルタージュです。



著者の個人的な意見・判断を一切排除して

淡々と 事実 のみを描き出した非常に優れたノンフィクションですよ。


戦争も無い平和な時代でありながら、突然訪れた 想像を絶する悲劇に

呑みこまれてしまった方々への、祈りをこめて読みたい本です。



忘れないためにも・・・・・!

そうよ、「忘れない!」という形の支援だってあると思うの。



そうして、想像を絶する現場のなかで 

( 綺麗事ばかりでは済まされない事も多かったようですね・・・)


おのれの 職務を尽くされた方々の 敬虔ともいえる仕事ぶりに 

あなたもきっと、頭の下がる思いがするに違いないと思う。


人間の素晴らしさと、希望とは何か?と考えさせられるかもしれません。



ヘタレの私は、息苦しい思いで何とか読み終えたものの、

まだ二度目を読むには至らず・・・・・



この作品を元にした映画 『 遺体 明日への十日間』 については

視聴していないのでよく分かりませんが、役者さんたちは好演しているようですね。



3月10日・3月11日と 悲しい日が続いてしまいました・・・

今日も ワインをナイトキャップ代わりにしようかしら・・・


それではもう この辺で終わりましょうね。

また明日・・・・・。
posted by cat-of-many-tales at 00:00| Comment(0) | 日本のエッセイ&ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。